投資用マンションのリーディングカンパニー
株式会社 協和管理
お問い合わせはこちらまで
03-5784-2234
不動産投資って何?
メリット3 生命保険  万が一の時も安心の団体信用生命保険
金融機関で住宅ローンを組んでマンションやアパートを購入すると、団体信用生命保険(団信)に加入する必要があります。この団体信用生命保険とは、万が一、返済期間中にオーナー様が事故や病気で亡くなられたり、高度障害になった場合も、残った住宅ローンの全てを保険金で賄うことができる保険となっています。残されたご家族の方には無借金の資産(不動産)が残されますので、そのまま賃貸を続けて家賃収入を得ることもできますし、マンションを売却してまとまった現金を得ることもできます。また、団信の保険料は、同額規模の死亡保障がついた生命保険よりも割安で利用できますし、最近では加入年齢の制限も延長されたことから高齢者の方ほど利点があります。そのため、不動産投資を始める際に、それまで月々何万円も支払っていた生命保険を解約する方も多いようです。
只今の入居率
全国
88.59%
東京都
92.19%
千葉県
100.00%
埼玉県
90.48%
神奈川県
94.37%